子どもの未来アクション

学習会関連
2019/02/01

学習会レポート:こども食堂応援隊の学習会

2018年12月14日、埼玉県加須市で地域の子ども食堂を支援する「こども食堂支援隊」で取り組みの賛同者を集めた学習会を開催いただきました。

 

こども食堂応援隊の学習会概要

開催日

2018年12月14日

参加人数

15人

会場

加須市市民総合会館 市民プラザかぞ 会議室

プログラム内容

1.代表挨拶

2.埼玉県福祉部挨拶

3.子どもの未来アクション学習会(30分)

4.こども食堂応援隊活動経過報告(30分)

5.質疑応答

※参考(こども食堂応援隊設立の経過)

・H30年6月 埼玉県福祉部による「貧困の連鎖の解消」に関する勉強会に参加。子どもの7人に1人が貧困状態と聞き驚く。早速、地元の子ども食堂を見学すると子どもが、食べられない子どもを連れて来る」と聞き衝撃を受ける。

・H30年7月 これから急増するであろう「こども食堂」、運営の支援を主な活動とする「こども食堂応援隊」を結成する。

・H30年8月 市民活動センター等の協力により「サポーター募集チラシ」を主要施設に設置すると大きな反響。「私に何か出来ることはないか・何かやりたい」の声が多数寄せられる。

・H30年11月 9月より準備を進めて来た「子育て応援パントリー事業」募集開始。

・H30年12月 サポーター賛同者に現在までの活動経過報告と学習会実施。

 

 

181214_こども食堂応援隊による学習会全景.jpg  

こども食堂応援隊による学習会の様子

 

こども食堂支援隊は、県内初の子ども食堂の支援をおこなう組織で、①子ども食堂支援を担うサポーター募集、②子どもの貧困問題に関する学習会の開催、③生活困窮の子育て世帯に食糧の無料配布を柱に取り組みを進めています。

 

埼玉県などのサポートを受けつつ、夏に結成された後の初めての学習会で子どもの未来アクションの学習テキストを活用し、子どもの貧困の実態を学んでいただきました。

 

15人の方が参加され、参加者の皆さんは子どもの問題に関心はあったものの、貧困の実態などを改めて知り、その内容に驚いておられたとのことです。

 

今後はまず加須市内での食糧の無料配布の取り組みを実施しつつ、学習会の開催にも力を入れていかれるそうです。ぜひ注目ください。

 

ぜひ、色々な場で子どもの未来アクションのツールをご活用いただき、学びの場をもってみてください。